東京ラブストーリー ドラマ

「東京ラブストーリー」2020 8話 完治チャンスからピンチ リカ NYへ

投稿日:

「東京ラブストーリー」2020

完治の誕生日、準備をしていたリカを待たせて
三上のことでキズ付いたさとみに会っていた
完治とリカは仲直りできたが

三上とさとみは元に戻ることは出来ないまま

リカは突然、退社を決め、ニューヨークに行くという

 




 

 

「東京ラブストーリー」令和2020 8話

「すれ違う想い」

リカがニューヨーク行を決めたあとの帰り道

完治に対して

「ねえカンチ人を愛することにおいて物理的な距離なんてどうでもいいこと」

「1番重要なのはお互いの心がピッタリくっついて離れない事、でないと

愛がこぼれていっちゃう」

「わたしは一滴もこぼさない」と告げる

 

完治の部屋にリカと三上が突然、

餃子パーティーをやると押しかける

「カンチは白いご飯に似ている」

なごやかな雰囲気の食事

ニューヨーク行を認める完治

「結局そういうリカが好きになったということ」

三上は「無理してないか?」と問いかける

 

さとみは三上の事を忘れられずに悩んでいた

 

リカはNYに行くまでカンチの部屋に

居候させてほしいと言い出す

 

会社では完治が

「JOULE」というアプリ製作会社の

担当責任者に抜擢されることになった。

 

三上は長崎に飯でも行こうと誘うが

「自分の失恋ぐらい自分でなんとかしろ」と言われてしまう

そんな時、三上に電話が入り

お父さんが亡くなったと告げられる

三上は父親の元で「マジで死んでんじゃん」と線香をあげる

母親は伝言があった

「りっぱな医者になれ」

本気で反対してたら私立の医大なんかに行かせない

と話す

 

リカが退社の挨拶

 

完治は三上を励ますために飲みに誘い

さとみも誘った

 

 

完治が家に帰るとリカが待っていて

「今週末、愛媛旅行に行こう」

「一緒にわたあめ食べようね」と約束する

 

ニューヨークからリカに

すぐに来てくれと連絡が入るが

完治との時間が大切だと断る

 

大きな婚約指輪を付けている

長崎を無視する三上

「とうとう首輪つけられちゃったね」

「幸せになってね、もうちょっかいかけない」

 

三上と完治が飲んでいるところへ

来ないと思っていたさとみが現れる

さとみは三上に

「三上くんは人の愛情に鈍感すぎるんだよ」

「お父さんは愛情があった、目に見えない愛もある」

「私はそういう愛情与えてたっていいたいのか!!」

と席を立ってしまう

三上が家に帰ると呼び鈴がなる

さとみかと思ったが・・・

長崎が「泊めてほしい」と告げる

 

会社に「JOULE」から電話が入り

ギリギリで作った企画すべてを

やり直しにしてほしいと言われてしまう

会議で責められる完治

 

家では旅行で着る浴衣を楽しそうに合わせるリカ

完治は「ごめん行けなくなった」と告げる

 

「JOULE」のやり直しはヒドイという完治

リカは妥協しないでやってきたのが「JOULE」だと話す

完治はその裏で誰かが我慢しているリカは我慢させる側の人間

「少なくとも俺は我慢している」と大きな声を出す

リカは「言ってくれなきゃわからない」と家を出ようとする

「どこいくんだよ?」

「ニューヨーク」

「もう、こぼれ始めてる」

やっぱり令和なんだな、展開がシュール
1991の時はリカが恋愛にまっすぐ過ぎることで
表現や行動が不器用に思えたけど
今回は恋愛は恋愛仕事や夢、それぞれに思いがあるんだな
完治にも圧倒的魅力がないから感情が入らない

 

スポンサードリンク


 

永尾完治:伊藤健太郎
赤名リカ:石橋静河
三上健一:清原翔
関口さとみ:石井杏奈
長崎 尚子:高田 里穂

和賀部長:眞島秀和

原作:柴門ふみ

今、あいのりも復活してて、それも観れますよ。

 



-東京ラブストーリー, ドラマ

Copyright© ドラマ大好き!恋愛シュミレーション大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.