the100 海外ドラマ

ドラマTHE100ハンドレッド シーズン6 10話~ ネタバレと感想 

更新日:

THE100(ハンドレッド)Season6【10話から】

核戦争から100年後、宇宙ステーション「アーク」で生存していたが
終わりの時期が来た、地球に戻れる(空気汚染)のかを試すために
100人の罪人である子供たちを送り込む。
そして民達との最終戦争。
シェルターでの過酷な世界。
再び宇宙で眠りに着き。

125年後・・・。

現在シーズン6 【10話からネタバレ・感想】


u-next




ちょっと惰性で観てる感じの

THE100(ハンドレッド)シーズン6。

黒い血ならチップの入れ替えで永遠の命とか

頭の中でバトルとか、記憶を流すとか

少し引き気味。

THE100(ハンドレッド)シーズン6【10話】

クラークの体の中でクラークが意識を勝ち取ったが

フレームは取り出せない、時間もわずか。

 

ずっと、愛し合っていた、ガブリエルとジョセフィン。

ジョセフィンは自分を残すように懇願するが

ガブリエルはクラークを生き返らせようとする。

 

しかし、いざ、作業となるとガブリエルも躊躇する。

 

意識の中でクラークとジョセフィンが混ざり合う。

ジョセフィンの記憶を「流す」ことで何とか

持ちこたえることが出来る。

 

そして、クラークは自分の体を取り戻すことに成功する。

 

そのころ、サンクタムでは、アビー達が処刑台へ。

そこで、アビーは「黒い血」を骨髄から作れると提案し

何とか処刑を回避する。

 

ドラマTHE100ハンドレッド シーズン6 1話~9話

 

あ~あ、また、訳わからなくなってきた~

クラークとジョセフィンの「記憶を流す」という

下りは本当につまらない。最悪。

グダグダ感満載だけど見てしまう。

THE100(ハンドレッド)シーズン6【11話】

意識をつり戻したクラークと

ベラミー、オクタヴィア、ガブリエルのは、

クラークがジョセフィンのままだと演技をして

サンクタムに入り込む計画を立てる。

ベラミーはリスクがあると反対。

 

ジョセフィンを追ってきた仲間に包囲されたが、

ガブリエルはエグゼビアとして10年を過ごしているので

名乗ることができません・・・・。

決意して出たガブリエル、

姿を現すことで10年も騙してきたと怒りをかいます。

爆弾をつくることで攻撃ができると提案。

ガブリエルはクラーク(ジョセフィンだと思われている)

を殺せば爆弾は作らないと取引をします。

爆弾に使う「毒」を集めるためベラミーとオクタヴィア

が作業、オクタヴィアは過去の事に許しを請う。

う~ん、いよいよこの章も大詰めだな、

少し面白くなってきたかな~

 

スポンサードリンク



ドラマ THE100 ハンドレッド シーズン6 12話~ ネタバレと感想 

ドラマTHE100ハンドレッド シーズン6 ネタバレと感想 勝手に感想

ドラマTHE100(ハンドレッド)クラーク太りすぎの件とベラミーと結婚してた件

スポンサードリンク





-the100, 海外ドラマ

Copyright© ドラマ大好き!恋愛シュミレーション大好き! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.