大恋愛 ドラマ テレビ 女優

大恋愛 井原先生の母 井原千賀子(夏樹陽子)の気持ちも分かる件 頑張れ井原ママ

更新日:

大ヒットドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS)
当初は井原ママ(夏樹陽子)意地悪、キツイ、最低という声が
あったが、冷静に考えれば、怒ってても驚いても
当然じゃないという擁護の意見が増えてる(笑)

北澤尚(戸田恵梨香)がフィアンセ・井原侑市(松岡昌宏)
と新居まで決めていたのに、その引越しで出会う、引越し業者の
間宮真司(ムロツヨシ)が好きになり、
井原先生には婚約解消となる。




井原千賀子(夏樹陽子)の気持ち

夏樹陽子さんが女優として上手すぎるので
嫌味なセレブ感満載で繰り出す「嫌味」が
イメージとして話題に上がるが、
ここは冷静に考える。

第1弾・井原ママの悲劇:息子の婚約解消

婚約解消になった後、尚のお母さん北澤薫(草刈民代)に
嫌味を言うシーンがあった。

息子の侑市にはお見合いを次々セッティングする。

嫌味だとか、意地悪とか言う声が上がっていたが
まず、それも親としては当然なのではないかと思う。

第2弾・井原ママの悲劇:医者としての息子

井原千賀子と北澤薫が買い物でバッタリ出会う。
そこで、井原ママは、息子と婚約解消しながら
主治医にするというのは図々しいと叱る。

「井原先生はアルツハイマーの権威ですし」と言うが
聞く耳を持たない。

これもネットで「井原母最悪」「井原ママいらない」と
コメントが出たが、自分が井原ママなら言うよな~と
考えてしまう。

第3弾:井原ママの悲劇 息子と尚母に取られる

そして、極めつけがこれで、侑市が宿敵である尚ママ、
北澤薫と付き合ってる、しかもその目で直接見てしまう。

そりゃ~恥ずかしくないのか?って言うよな~
分かる~だよ、でもって、目の前でプロポーズまで始まって
だよ、「そんな場面見せるなっ」て言えば(言って当然だし)
お袋が帰れって言われて・・・。ガ~~ンでしょ。

最後の手段、「お父さんに言います」といえば
「きっかけは親父がつくってくれた」という始末。

井原ママは毎日泣いてるという・・。これは
井原千賀子さんに同情しても良いのではないだろうかと
考えてしまった。

もともと、息子に健康で質の良い「赤ちゃん」をという意味で
お見合い活動してきた訳だし、そんな孫のことも絶望的に
なったなら井原千賀子さんに少しは同情を(笑)

最終回で和解

強引に結婚してから井原の実家とは確執が
井原先生のお父さんがそろそろ関係を修復しないと・・・。

侑市と薫が実家に訪れて母親と向き合う、
席を立つ千賀子の「ほら、無理だったんだよ」と侑市。

千賀子は自分がデザインしたウエディングドレスを薫に
渡し、これを作って詫びにくるの待ってたと伝える。

この場面もドラマの大きな感動ポイントとなった。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Related Post

-大恋愛, ドラマ, テレビ, 女優
-, , , ,

Copyright© ドラマ大好き!恋愛シュミレーション大好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.